2012年12月3日月曜日

HEY-SMITH、FACT@渋谷Quattro

フロアに入るとFACTが演奏中でした。ラウド系?な感じ、自分にはあまりしっくりこなかったので後ろで大人見。


満を持してHEY-SMITH。しょっぱなからDrug Free Japanでフロアも沸騰。間髪いれずにDownload Me If You Can~Skate or Dieで熱を高めたままにします。この日は満員。フロアもギューギューでみんなの暴れ具合がなかなか整いません。

Endless SorrowのあとでJump!!、と好物続きでヘイスミに殺される、と思うくらいの連発っぷり。RelaxのあとのTheme od HEYのつながりはラブです(≧∀≦)。

終盤にWe Sing Our Song。ヘドバンしつつモッシュ態勢に入ろうとしたら、人波に押されて危うく押しつぶされるんじゃないかと・・(汗)。Free Your Mind、Go Back Homeで畳みかけるように本編が終わりました。

フロアは納得しません、というか自分が納得しません(笑)。渾身のアンコールをしますが息が続かない・・(+д+)。粘りと気合いの成果かアンコール1回に終わらず4回?3回?の大判振る舞い(≧∀≦)。大堪能のクワトロでした。終演後は近くにいた人たちで集合~。


いい仕事したぜ(笑)。皆さまおつかれっした~!!

2012年12月1日土曜日

J/第34節 名古屋グランパス戦@埼スタ

三鷹を出たときは晴れ間が出ていたのに、西国分寺で武蔵野線に乗り換えてしばらくしたら雲が厚くなり、窓に雨粒が・・東浦和でシャトルバスに乗り換えると見事に降ってました、あちゃー(+д+)。


雨対策全然してないよー(>_<)、と嘆くも埼スタに着いたら雨がやんでました(・∀・)。開門して少したったくらいで北門はまだ入場列がはけてなかったので南門から入場。コバトンやつなが竜ヌゥなどゆるキャラがあちこちにいる中にあいつが・・。やっぱりあいつは雨男、いや雨キャラ(笑)。



バス待ち後、最終節ということであちこちにご挨拶してるとあっというまに1時間前。選手に「信じて、前へ」を訴えるべくゲーフラを掲げると、ビジョンに抜かれてびっくり。カメラマンも同じ気持ちだったのかもしれません。そう、この試合に勝つことが、いろいろな意味で前進になるはず。願いを、想いを込めて開始を待ちました。



名古屋も勝てばACL圏内、ガツガツ来るかと思えば淡泊な感じ。逆に浦和がいい攻めを見せます。啓太や暢久がイキイキしててびっくり。まだまだ浦和に必要だわ。1点先制に成功、前半の最後にあわや・・というところがありましたが必死にブロック。流れは浦和にきてました。

後半にもゴールの女神が浦和に微笑みました。槇野がドラマチックなゴールで2点目を決めます。失点されることなく浦和の勝利!!!!。最終節を勝利で飾れたのは2006年以来。そして鳥栖、柏の上位陣が負けたことでなんと3位。ACL出場の権利を得られました(・∀・)!!。

2007年はアウェイでしたが、2008年以降の最終節は崩壊したと思うような負け方だったり、あまりのふがいなさにGMや社長と話し合ったり・・悲しい思い出しかありませんでした。ようやく今年は笑顔で迎えることができ感無量です。


しかし笑顔は悲しみに変わりました。試合後のセレモニーでポポ、達也の退団を見送ることに。達也のスピーチを聞いているとこみあげるものが・・(´;ω;`)。ケガに泣かされることが多く、活躍できないことが多かったですが、浦和の11番として全うしてくれました。お疲れさま、次が早く見つかりますように・・。


試合後は仲間でお疲れさま飲み会、おいしいお酒を今年は飲むことができました☆。

埼スタでの活動は今年でおしまいです。来シーズンも自分のスタンスを変わらず・変えずに埼スタに通います。みなさまお疲れさまでしたーーー!!!








2012年11月27日火曜日

KEMURI TOUR 2012 "REUNION" @ZEPP東京

新橋でゆりかもめに乗車。先頭車両の最前の一人席があいていたのでそこに座り,前面窓と横窓の両方で夜景を満喫・・だけど、隣には車窓を見ながらくっつきあう2人連れ。なんだか気まずーい(笑)


ZEPPに到着。早速ゆーじ君達に遭遇。着替えようとロッカー近くに移動すると方々で知り合いと遭遇。生着替えしてるとそばにはやはり知り合い。11月11日のSKASKA CLUBのときも同窓会な雰囲気でしたが、今日はより一層そんな雰囲気です(≧∀≦)。10年近くぶりにぽっぽ屋ひろに会えたのは嬉しかったなぁ。


話し込んでいるといつのまにやら開演に。中の方に突っ込んでいきましたが、前後の柵の間隔が狭く、自由に動けません(+д+)。5年前はもっと自由があったのに・・安住の地を求めて踊りつつ、暴れつつ真ん中ブロックや最前ブロックを点々と移動してました。

ステージは2007年12月8・9日の続きを見ているかのようでした、そしてフロアも。ただ、あの時は1秒たりとも無駄にしたくない、という張りつめた緊張感がありましたが、今日はあの時よりもいい意味で肩の力がぬけていたように感じました。復活、いやrebirth。航海の船出を楽しんでるかのようでした。

お客さんも5年たって、パワーが減ったかと思いきやバリバリバッキバキでした、半端なきダンス&モッシュ&ダイブ。自分も全然変わらず、と思いましたが、「白いばら」で涙がうるる・・涙もろくなったようです、いや、前もそうだったかな(笑)。


最前ブロックで聞けた「Go!Under The Sunshine」「Kanasimiyo」、そして左側で聞けた「Workin' Dayz」。ツダさんの前でYシャツ姿でダイブしたリーマン、あなたには「一番おいしいで賞」を認定(笑)。

ワンマンとはいえ限界は早く・・終盤にさしかかるとへろっへろになってました。それでもAto Ichinenで振り絞り、オオトリのP.M.Aで燃え尽きました・・満足!と言いたいけど、最後まで持つ体力が欲しい・・

終わった後は再会を祝してあちこちで林家ぺー活(・∀・)。またみんなで笑い会えますように・・。これで本格復活、ということでいいよね?。また見られる機会が早く来ることを祈るばかりです。

【Facebookより転載】
http://www.facebook.com/pages/KEMURI_official/174146009381588

KEMURI Reunion tour 2012 setlist
2012.11.27 ZEPP TOKYO

1 Rules
2 KAMISAMA
3 the best
4 Go! Under the Sunshine!
5 白いばら
6 Egotistic and weak fragment of creation
7 I Want To Stay With You Tonite
8 in the perfect silence
9 my promise ring
10 Kanasimiyo
11 葉月の海
12 five o'clock at night
13 Workin' Dayz
14 Prayer
15 the rhythm
16 Heart Beat
17 Knockin' On The Door
18 Deepest River
19 Givin' Up
20 Don't Know
21 Ato - Ichinen
22New Generation

enc.1) Broken Wine Glass, Lonely Night
enc.2) Ohichyo
enc.3) PMA (Positive Mental Attitude)

2012年11月18日日曜日

Urawa Rockin' Blues Vol.1@浦和ナルシス

うちでバタバタしてたら昼ご飯を食べ損ねてしまい、空腹でライブは危険・・と三鷹駅の駅そばでかき揚げそばをすすってから浦和へ。移動時間にこなれるかと思いきや、浦和についても満腹感全開。かき揚げ野郎の破壊感、半端ない・・(+д+)。

浦和駅に着いたら駅舎がなくなっててびっくりしました。


記憶を頼りにナルシスへ。浦和に5年弱住んでましたが、ナルシスに入るのはハジメテ。理由のひとつにナルシスがV系のハコというのもあります。


中に入ると人でぎっしり、キャパ200くらい?。さほど大きなハコではありません。DJブースの壁にはレッズのエンブレム、そしてあちらこちらに浦和つながりの知り合い。企画者がレッズのサポーターということもあり、URAWA色強めな空気。


1番目が終わったところ、2番目のTHE RODEOSから見ることができました。ラスティックテイストで、裏打ち基調のサウンド。初見でしたが耳馴染みのいい感じ。みょっさん達と軽くアタックしあったりで楽しみました。POLKA が聞けたのは嬉しかったなぁ(≧∀≦)。もっと見る機会が欲しいな、と思いました。ロデオス、いいね(・∀・)!!。




転換DJがSPECIALSなどSKA三昧で俄然テンションアップアップ!。そんなところでTHE AUTOCRATICS登場。


ロデオスの時以上にテンションあがるオーディエンス。騒いで酒がこぼれてて床がめっちゃ滑って・・とオールイベントに来たような感じ(笑)。とにかく盛りあがれ!なこの空気はキライじゃないです。男くさいフロアでわいわいと踊って騒いで。オークラ、いいね(≧∀≦)!!。SPECIALSのMONKEY MANのカバーの秀逸(・∀・)☆。



酒がこぼれすぎて床がぬれすぎなので、モップを借用。知り合いが掃除したり(笑)。


トリはTHE PRISONER。ツインボーカルのトラディショナルパンクロック。男性Vo.の声が好みな感じでキライじゃい。(・∀・)。パンクサウンドだけど、ファンクミュージックでも通じる音質・・ってわかりにくくてすみません(笑)。


ゆったりと見てましたが、SPECIALSのカバー、do nothingで食いつき、続いてのROCK 'N' ROLL PEOPLEの熱さにひきこまれました。オーディエンスもその熱さに呼応しての盛り上がり。最高でした。


終了後のクローズDJでニューエストモデルのソウルサバイバーの逆襲が流れ、ひとり激上がりつつ、知り合いと軽く踊りあって満喫。浦和をあとにしました(・∀・)。

浦和ナルシスで自分が好きなジャンルが見られる日が来るとは。浦和在住時にやってくれれば言うことなかったのに・・それにしても三鷹から浦和って短い距離で乗り換えが多いのが若干かったるい、祈!湘南新宿ライン早期浦和停車!!。

フットボールと音楽、そしてお酒はつながらないようで密接につながっていると思います。浦和人による浦和人のためのロックイベント、ぜひもっと多くの浦和人に来て欲しい。楽しい世界が待ってるぜ!(・∀・)。

2012年11月17日土曜日

J/第32節 サンフレッチェ広島戦@埼スタ

埼スタに着いたのは開門後。途中でしとしとと雨が降ってましたが、埼スタに着いたら雨はやんでました(・∀・)。



前段センターのいつもの場所にスタンバイ。ほどなくしてバス待ちの時間になりました。首位相手に果敢に挑め!という意味をこめて、昨年、仲間と作った「さあ、いこうぜ!!」のゲーフラを掲げようと、布にビニテを貼って棒をくっつけて掲げたのですが、風が強くて少しの時間で崩壊しそうに(汗)。後でガムテを借りて難を逃れましたが、丈夫にせんといかんなぁ・・。

バタバタしているうちにアップの時間。握手などコミュニケーションをとる時間もなく選手のアップの時間に。ゲーフラを堂々と掲げます・・が、腕の筋肉がないため、長時間もてない・・悲しい(´;ω;`)。


試合は、相手がもっとがつがつ来るものかと思えばさにあらず。むしろ浦和の方がイキイキ動きます。暢久がDFの仕事をきっちりこなし、啓太が躍動。その甲斐あって前半に梅崎のゴーーール!。そして後半になんと啓太のゴーーール!!。啓太がゴールするとは・・この試合、決まったな、と感じました(笑)。

2-0で浦和の勝利☆。こんな内容ができるならもっと早くからやってくれれば・・と思うところありますが、それはそれ。ホームでの久々の勝利に心弾みます(≧∀≦)。勝利の凱歌のあとは暢久モッシュ!とワクテカで待ちましたがその気配はなく・・残念。ゴールシーンでめっちゃ盛り上がったからいいか(てへぺろ)。


次のアウェイは鳥栖との直接対決、名古屋の結果もありますが・・絶対に落としてはならない試合。自分は行けませんが・・ホーム最終戦につながる吉報を信じるのみ、です。

終了後に、パラパラ降りの雨がいつのまにか本降りに。雨ザーザー、風ビュービュー(;つД`)。南門広場で仲間としばらくいてもやむ気配がないので駅までてくてくと。すっかりずぶ濡れになり寒い寒い・・もう2枚での薄着は無理くさい、と悟りました(笑)。